FC2ブログ
いじめ文学専用サイト
主人公はu15の少女たち。 主な内容はいじめ文学。このサイトはアダルトコンテンツを含みます。18歳以下はただちに退去してください。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『新釈 氷点2009 11』

 辻口陽子が帰宅したのは昼食を母親と取った後だった。本来ならば、仲のいい母娘がどういう理由からか始終無言を通していた。そのレストランは辻口家に馴染みの店だったために、普段と違う二人の様子を目の当たりにして店主は不思議に眺めたものである。
 二人の頭の中はまったく違う考えが支配していた。母親は娘に対する憎しみと愛に引き裂かれ、娘は、かつて、経験したことのない羞恥心に身を焼かれて、まさに自愛の最中だったのである。
 だから、二人は同じレストランにいようとも、アフリカとアラスカに別れているのも同様だった。

 だが、辻口家の三女は帰宅して、室内用のスリッパに右足を挿入したとたんに、母親に対して自己主張するという、彼女の性向からすれば実に革命的な出来事を起こした。
 母親の背中に向けて言葉の矢を放ったのである。それはひとつの壁に見えた。しかも、シベリアにあるという強制収容所の壁のようにも見えた。しかし、思い切って声を張り上げた。なけなしの勇気を絞り出したのである。

「お、お母さま、もう、あの先生はイヤです!」
「・・・・・・・・・・・」
 長崎城主婦人は静かにふり返った。しかしながら、陽子にとってみれば完全武装の軍人よりも威厳と迫力を感じることができた。
「何ですって?」
「お、お母さま・・・・・」
 夏枝は一冊本を大事そうにでもなく両手で抱えている。何気なく見えたその題名と著者の氏名が、陽子に恐怖を植え付けた。
『夜尿症と精神療法』小松崎郁子著。
 
 その中でも精神の2文字が、辻口家の三女の心に言いしれぬ恐怖を含んだ闇をしのばせる。精神病院を連想させる。それは少女にとって刑務所と同義である。それに係わる人間に係わることすら、高圧電流を直接心臓に当てられるような痛みを感じる。
「お、お母さま・・・・」
 いつしか、少女は涙ぐんでいた。哀願という言葉がまさに相応しい。しかし、母親はにべもなく、言い渡した。
「いいえ、だめよ、先輩が何よりも的確だと思うわ」
「だけど、私はお漏らしをしたわけじゃ・・・ヒ!?」
 ようやく芽吹いたばかりの反抗心は、母親の美しすぎる手によって阻まれた。陽子のかたちのいい頬に張り手が炸裂したのである。
「ウウ・・・・・・・ウウ・ウ・ウ?!」
 優しい、いや、あんなに優しかったはずの母親の急激な変容に、陽子は自分の体液がすべて急速冷凍されてしまった。
「お、お母さま・・・・」
「わかったわね?」
「・・・・・・」
「返事は!?」
「ハイ・・・・」
 それらのやり取りがあって、陽子はようやく首を縦に振った。もしも、このまま拒否しつづけたら、もう二度と母親から笑いかけてもらえないと思ったのである。しかし、もう陽子の方に一度も振り向くことなく自室に戻っていった。
 辻口家の三女は、その背中に声をかけることすらできずに佇むだけだった。泣いたらいいのか、笑ったらいいのか、大変判断に苦労する。いや、感情という土台そのものが崩れ去っていくような気がした。
 そんな時に、彼女の肩を叩いたものがいた。
 ちょうど、学校から帰宅した薫子である。

「きゃ・・・・」
「どうしたの? まるで痴漢にあった女の子みたいな顔をして ―――」

――――私は女の子ですわ。

 辻口家の次女は、そのよう返ってくることを期待した。
そうしたら、こう答えてやるつもりなのだ。

――――まあ、姉を痴漢呼ばわりするなんて、なんて非道い妹かしら?

 しかし、薫子が見たものは、ポロポロと涙を流す妹だった。可愛らしい妹の変容に驚いた姉はその理由を問わずにはいられない。
「一体、何があったの?」
「・・・・・・・・・・ウウ」
「陽子?」
「・・うう・・うお、お姉様・・・ウウ」
 30秒ほどして得られたのは、妹の自分を呼ぶ声だけだった。
「とにかく、部屋に入りなさい」
「だ、大丈夫だから・・」
「陽子!」
 妹の二の腕を捉えた瞬間、理由を質されると予感したのか、彼女は涙を拭って自室に逃げ込んでしまった。この時、妹が自分に対していつものように敬語を使わなかったことに、ついに気づかなかった。だが、妹の変化を無意識のうちに受け取っていたことは事実である。それを感情に表すのに、方頬の筋肉を微かに動かすことしかしなかった。

―――たしか、ママと病院に行ったはず。

 薫子は母親を捜しに家の奥へと足を速めた。
はたして、母親は広いリビングにいた。
 彼女が尊敬して止まない母親は、優雅な仕草でハードカバーの本を操りながら、ソファに身体をうずめていた。
「探したのよ、ママ」
「薫子・・・・」
 辻口家の長女は驚いた。いつの間にか10才も老け込んでしまったかのように思えたからだ。一体、病院で何があったのというだろう。
「陽子に何があったのよ」
だが、口を開くといつもの美しい母に戻っていた。だが、安心する暇もなく彼女の口から予想だにしない言葉が飛び出てきた。
「薫子、ねえ、あなたは私の娘よね」
「何を当たり前のことを言っているのよ!」
しっかりしてよ!という気持で言ってみた。
「ねえ、見て・・・・」
 そう言って震える手で一枚の写真を指しだしてきた。なんと、あの母親の目には涙までが滲んでいるではないか。
 その震える手が示した写真は、薫子の目にはもはや過去そのものでしかなかった。

「ルリ子・・・・」
「そうよ、この子も私の娘よ・・・・・」
「ママ!?」
「薫子、どうして、そんな目でママを見るの?」
 いつの間にか、顔を奇妙なかたちに歪めていたようだ。母親の前では感情のコントロールがいまくいかなくなって当然だろう。
 常に自制をモットーにしている彼女が立てこもる城の一角が崩れた。
 夏枝は矛先を替えようとしているようだ。
「薫子、あなたは私によく似てる。確かに、私の娘だわ!」
「マ、ママ、止めて・・・・・・」
 夏枝はその上品な手の中に娘の顔を収めると、自分の眼前に近づけた。母親特有の香水の匂いが嗅覚神経を刺激する。においというものは、五感の中でもごく原始的な部類に属する。それは自ずと幼い記憶を想起させる。
その香水は、長女が産まれる前から使っていたものである。だから、イコール母親という図式が彼女の中に生まれていた。
 間近にある母の薫りは、かつて、彼女が可愛がっていたルリ子のことを否応なしに想い出させる。だが、彼女のイメージが完成する前に、自らそれを断ち切ることにした。
「ママ、陽子もママの娘でしょう!?」
「・・・・・・・・」

 夏枝は、鼻を摘まれたような顔をした。心なしかロンパリになった目は、無機質な光を放ち、その美しい顔をひとつの彫像に仕立てている。
「ママ?」
「・・・そうね」
 ただそう一言零しただけで娘から両手を話すと、すくっと立ち上がった。
「ママ・・・・・・・・・」
 まるで夢遊病者のように夏枝は立ち上がると、彼女が唯一の生きている娘だと認める薫子に背中を向けた。そして、キッチンへと消えていった。
 娘は声を再びかけたいと思ったが、処刑場に追い立てられる魔女のように肩を落として歩くその姿に、辻口家の長女はとてもそんな気にならなかった。
ふと彼女の目に入ってきた四角い箱がある。
それは、一冊の本だった。
『夜尿症と精神療法』小松崎郁子著。
「これは?」
 美少女はレンガと間違えそうな本を抱えると、ページを捲り始めた。

 一方、長崎城主婦人は、片隅にある買い物籠をひたすら睨んでいた。その籠に肉や野菜等々が盛られるのはその約一時間後のことである。それは家族の幸せを暗示しているはずだった。籠から飛び出たネギは、ランドセルから飛び出たリコーターに煮て、幸福の歌を歌うはずだった。
 その日も、あくまで表向きは、幸福な晩ご飯が始まっていた。
 その中心に辻口建造がドカっと座っている。本人はその気はないのだが、自然にそうなる。元来、建造は両家の坊ちゃんらしく鷹揚に育ったためか、一家の主人として威勢を貼ることを好かなかったが、妻である夏枝によって本人の知らないうちに、そのように仕立てられていった。言わば、洗脳ということができるだろう。
 高級な木材として有名すぎるくらいに名を馳せる、マホガニーの楕円形のテーブルの上に、美味しそうな湯気が立った料理がのっていく。設置された席は四つ。それは辻口家の不動のメンバーのはずである。
だが、まだそれが揃っていない。

「陽子はどうしたのかしら?」
「気分が悪くて寝ちゃったらしいよ」
 薫子の言葉が終わる前に、辻口家の末っ子が顔を出した。
 先ほどと打って変わって可愛らしい、元の彼女に戻っている。
 長崎城主は、外見には聖母マリアの仮面を被って、その実、心に鬼火を灯した。

―――なんて、憎らしい、図太い子かしら? もう、元に戻っちゃって!!

 だが、母親の観測はあくまでも表向きにすぎない、大変浅い洞察に留まっていた。
 表面上はいつもと変わらない可愛らしい笑顔を保ちながら、その実、5才の幼児の泣きじゃくった顔を隠匿していたのである。
 こうして、互いに仮面を被った母、娘の食事が始まった。
 今夜の主菜はビーフストロガノフ。
 白いパスタと焦げ茶色の牛肉のコントラストが食べる人の食欲をそそる。
「まあ、お母さま、美味しそう!」
 つい、この前ならば、母親を心から喜ばせそうな笑顔をばらまくと、両手を可愛らしい仕草で合わせた。
「さあ、いただきましょうよ」
 まず最初に建造が、試食のように口に料理を入れる。その結果、生まれる表情の変化は、今更だが、夏枝の料理の腕を証明するものである。
 それに気をよくしたわけではないが、二人の姉妹も同じ行動を取る。だが、その内面構造はまったく違っていた。
 ちなみ、三女がスプーンを料理に挿入し、かつ、自分の口腔に送る作業をまるでストップモーションのように、夏

 夏枝は目を皿にして事態を見つめていた。それに三女は気づかなかった。いや、気づく余裕はなかった。
「・・・・・・・・・!?」
 細心の注意を払って、陽子は自分の本心が外に漏れるのを防ごうとした。しかし、それは完全に行うことは不可能だったようである。
 それもそのはず、その理由を彼女は知っているのだから。
 夏枝。
 彼女が自らの意思によって、それを行ったのである。

 スプーンを口に入れたとたん、食べ物とは思えない味が口の中に広がった。予想だにしない塩味とこしょう、その他、聞いたこともない香料が一斉攻撃を仕掛けてきたために、少女の味覚神経を異常に刺激した。

――― 一体、何が起こったというのだろう。

 混乱は混乱を呼び、あくまで一瞬だけだが、少女は、自分がどのような名前で、自分が何処にいるのかという根本的な認識すら奪われてしまった。
 陽子の中で何が起こっているのか、熟知している夏枝はいとも簡単にこう言ってのけた。
「どうしたの? 陽子、美味しくない?」
「そ、そんなことないですよ、お母さま、とっても美味しい」
 夏枝の予想に反して、この娘は満面の笑みを浮かべて、母親に報いた。
 しかし、じっさいは、心が破裂しそうな思いを味わっていたのである。できることならば、恥も外聞もなく、母親にしがみついて抗議したかった。だが、そうしてしまったら、この事実を認めることになる。自分の料理の味がおかしいこと、そして、それが故意に行われたこと。

―――これは事故なのよ!きっと!!

 陽子はこう確信した。そうでなければ、今まで築いてきたものが一瞬で崩れてしまうように思えた。彼女にとって敬愛してやまない母親は、精神構造の柱のひとつを為すものだった。いや、大黒柱そのものだったのである。

―――これは何かの事故!きっと、そう!!変わらずに自分を愛してくれている! 絶対に!!

 辻口家の三女は、ひたすらにそれを祈らざるを得なかった。口腔内が腐ってしまいそうな苦痛と惨めさに堪え忍びながら・・・・・・。
 だが、同時に異様な感覚が脊髄に走るのを感じていた。

 それは ―――――。



スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

テーマ:官能小説 - ジャンル:アダルト

『由加里 86』

 ゆららは、思いだしたようにある名前を出した。
「そうだ、工藤さんとは?」
「ああ、工藤さんは、なかなか、私たちと関わり合いたくないようでね」
「いや、あの子は由加里と関わり合いたくないらしい」

――――お前と違う意味で、あいつを憎んでいるのかもね。

 それをあえて言葉にしなかったはるかは、思案下にガラス張りの壁ごしに空を見た。その時、太陽を横切った鶴のような鳥。その長い足は彼女に何を問いかけているのだろう。  
 あるいは、それをどう受け取ったのか、今のところ、その疑問に答える用意はないようだ。

「小学校のころは、一番の親友だったらしいじゃない」
「去年も相当仲良く見えた」
 ゆららが口を挟んだ。
「じゃあ、同じクラスだったの?」
 「うん ―――」
 小さく肯いたゆららを見ていて、照美とはるかは、やはり、工藤香奈見の登板が必要だと再確認した。

 かつて開催された由加里裁判は、クラスにおける彼女の立ち位置を決定したが、その裁判において裁判長を務めたのを最後に、由加里いじめに積極的に参加しなくなった。そうは言っても、裏でかつての親友をサポートしているという情報もない。

「口ではもう係わるつもりはないとか言っておきながら、プライベートでは密かにサポートしているのかも」
「照美、それはないな」
「何でわかるのよ」
「いや、なんとなく。そうだ、ゆららちゃん、工藤さんに探りを入れてみてよ」
 ふたたび、哲学者の顔に戻った親友に、照美は、不埒なものを感じた。
「ちょっと、何を考えているのよ。それで彼女とあいつが裏で係わっていたら、どうするつもり?!」
「照美・・・・・・・・・・・」
 はるかは言葉を失った。あまりにも親友の顔が美しかったからだ。いや、それは顔かたちのことを言っているわけではない。それは地球が丸いことよりも自明の事実だからである。
まっすぐな目ははるかを射るように見据えている。

――――人の弱みを握って、その人を脅迫するなんて人間として最低だと思う!

 無言のうちに、親友はそう言っている。
 以心伝心。
 ふたりの間には見えない絆が、一本の線ではなく、それこそ網の目のように結ばれているのだ。
「何よ!?」
 かつて、照美も、自分もこんな目をしていたのではなかったか。西宮由加里という人物に出会う前は人一倍優れてはいたが、その実相は何処でもいるごく普通の中学生だった。
 照美とはるか。
 たまにはぶつかることもあったが、互いを磨きあって、育ってきたふたりである。その姉妹以上の絆は、今となっては、彼女に対する攻撃へと、ただひたすらに向かっている。
 第三者の目から見れば、ベクトルを間違えばどんな美しい絆もとんでもないマイナスの方向へと舵を取るものだ、と映るにちがいない。
 だが、当事者たちにとってみれば、まっすぐ進んでいるつもりなのである。それは決死の樹海行に似ているかもしれない。
 彼の地も、まっすぐ歩いているつもりなのに、じっさいは、同じ所をぐるぐると回っていることがよくあるそうだ。
 ふたりにとって学校生活とは樹海にも勝る迷路なのかもしれない。
 こんな中学生活を送るはずじゃなかった、はるかはそう思うと、自分たちからすべてを由加里に奪われたように思えて、照美とは違った意味において陰険で残酷な憎しみを抱くのである。

「まあ、いい。私からコンタクトをもう一度とってみる。じゃあ、よろしく頼む、じゃ」
 憮然とした顔で、はるかはそう言うとエントランスへと歩き出した。
「ちょっと、はるか! じゃ、ゆららちゃん、よろしく」
 小柄な少女の目の前で、美しい珠がはじけた。あまりの美しさに魂を奪われたゆららは、思わずふたりを追いかける機会を失ってしまった。
 本当は、自分を認めてくれる存在であるふたりに付いていきたかったのである。例え、相手が由加里であろうとも、人を騙すようなまねが彼女のような少女にとって幸せな時間に充当するはずがなかった。だが、彼女が認められる条件が二人の要求に答えることだと、当のゆららが思いこんでしまった。
 その罪を二人だけに背負わせるのは酷というものだろう。今の今まで人間として扱ってこなかった同級生たちや、 それに、教師たち全員が平等に追わねばならない罪のはずだ。

 それに気づいていたのは照美とはるか、それに、もうひとり。
 傷心の少女がこれから傷付けようとしている、西宮由加里、そのひとだったのである。

 ゆららが由加里の病室をノックしたとき、既に似鳥可南子による性器の検査が済んだところだった。
 すこしばかり、時間を元に戻してみよう。
 
 陰核から小陰脚まで一通り、局所の濡れ具合を調べ終わると、卵を入れたまま新しいオムツで下半身をくるんでしまった。しかも、それは普通の成人用ではなくて、SMで使われる特製の品である。エナメルのように妖しく黒光りする生地はゴムとも柔プラスティックとも言えぬ感触を着る者に与える。
 薄手の生地は身体のラインを外に完全に露出させる。しかも、性器の形がはっきりとわかるほど、それは顕わなのだった。
 可南子はすっかり穿かせ終わると、まるで一仕事終わったように満足そうな顔を見せた。

「どう? 新しいオムツの具合は? アメリカのマニア店から直輸入したのよ、相当、根が張ったんだから」
「ウウ・ウ・ウ・ウ・ウ・ウウ・・・う、お、お願いですから、もう少し、緩めてください・・・・うう、く、食い込んで・・・ウウウ」
 少女の懇願に、可南子は嘲笑で答えた。
「ふふ、あなたのイヤラシイおまんこがはっきりと見えるわよ、こんなに食い込ませちゃて、いやらしい」
 自分で締めておきながら、この物言いである。
 ちなみに、舶来物の特製オムツは、ベルトと革ひもによって締め具合の調節が自由である。由加里の性器は陰核まではっきりとわかるが、これでも、まだ強く締めることが可能なのである。もちろん、それは被虐の少女には言ってない。
 しかも、可南子は最後のこう言ってのけた。それは永久に煉獄に閉じ込められることと、同意である
 鍵を由加里の面前にちらちらとさせながら、可南子はにめにめと笑う。
「鍵をかけておいたわよ、これで夕食後まで楽しめるわよ、心おきなく、フフ」
「ウウ・・ウ・ウ・ウウ・ウウ、ヒドイ・・・・。」
 思わず泣きじゃくる由加里。

 そんな少女に仕事前に見せた仕打ちはこれで終わりではなかった。これ見よがしに、少女の愛液で汚れた手を鼻に近づけると、いかにも臭いニオイを嗅ぐような仕草をして、洗剤でごしごしと洗い始めたのである。
可南子が傷口に塩を塗り込めるような真似をしているとき、ゆららによるノックが由加里の胸を打った。
「はーい」
 看護婦はしおらしい声を返した。由加里は心底ぞっとさせられた。

―――この人は、どうしてあんなひどいことをしていながら、どうして、あんな声が出せるのかしら?

 しかじ、もっと驚かせたのはノックの正体を知ったときのことである。
「失礼します。あ、西宮さん」
「ゆららちゃん!?」
 由加里は全裸にさせられたような気がした。思わず、股間と胸を隠そうとしたぐらいである。だが、少女の局所はおぞましい締め具で隠匿させた上に、寝間着とシーツで隠されていた。
「由加里ちゃんの妹さんかしら」
「イエ・・・・友だちです」
 ゆららは短く答えた。可南子の無礼な言い方に憮然とした上に、彼女の内面に反問するものがあったからである。
 由加里は目敏くそれを察した。
「ゆららちゃん・・・・」
 少女は目を見張った。13年も生きてきたが、こんなに哀愁に満ちた目を見たことがなかったからである。それだけではない。
 その瞳は例えようもなく美しかった。

―――キレイ・・・・。

 心の中を憎しみに浸していたはずなのに、おもわず、その一言が浮かんできた。目の前の人物は、他人を裏切りに裏切ったとんでもない人間なのだ。彼女のような人間に、ひとりとして友人がいていいはずがない。なぜならば、その人物は早かれ遅かれ裏切られる運命だからである。
「西宮さん・・・・・」
 由加里はそっと手を、サクランボウのように可愛らしい手を指しだしていた。ゆららは、彼女がその生涯でひどい扱いを受けてきた上に、そして、心の奥底から友だちというものを求めてきた上に、目の前の病院が何を求めているのかはっきりとわかった。
 もはや、反射運動のような勢いで傷つきやすい果実を、その手で包んでいた。彼女らしい優しさはその手つきに現れている。まるで壊れ物を扱うように慎重だが、確実に由加里の手を支えていた。
それが伝わるからこそ、茶碗に注がれた湯はあえなく零れだした。
「ぁぁあぅ・・・」
 低く喘ぐと、被虐のヒロインはしくしくと再び泣き始めた。黒曜石の瞳は閉じられ、さきほどとは違う種類の涙が少女のかたちのいい頬を濡らす。

 悪魔の看護婦は、そんな様子を密かにせら笑うと、病室を後にした。
 二人がそれに気づかないくらいに、その運動は猫じみていたのである。

「西宮さん・・・」
「ウウ・・」
 ゆららは、しかし、自分の手元に由加里の泣き声を感じ取り、その吐息をかけられていると、別のことを考えるようになっていた。
 由加里に対する悪意が、その鎌首を擡げてきたのである。
 だが、それをあからさまにするわけにいかない。だから、由加里がこんなことを言っても表情に出すわけにはいかない。
「ゆ、ゆららちゃ・・・わ、私、友だち? ウウ・・ウ・・ウ」
「と、友だちだよ・・・」
 再び、芽吹き始めた罪悪感にぴくんとなりながらも、ようやく回答することができた。
「なら、由加里って呼んでくれないの?!」
「・・・・・・・・・」
 かつての颯爽とした姿はもはや微塵も感じられない。そこには、誰からも見捨てられた哀れないじめられっ子しかいない。
「・・・・・・・」
 ふいに、視線を反らした。それは同族嫌悪というものだろう。何よりも、自分がいじめられっ子であることを恥じてきた歴史がある。自分のそんな姿を見せつけられたくなかったのである。
 だが、照美とはるかの顔がふいに浮かぶと、こう答えた。
「由加里ちゃん・・・・」
 「ウウ・ウ・・ウ」
 それは可南子の言い方を単に真似ただけである。しかし、被虐のヒロインにとってみれば、友情の告白のように思えた。

 ふいに、起きあがろうとした。
 その時である ――――。
「ヒィ?!!ぁあぁっぁ!」
 由加里は、金切り声を上げるとベッドに沈んでしまった。柔らかな身体がエビのように折曲がった。
「に、西宮さん!? どうしたの?苦しいの!? 先生、呼ぼうか?」
 ゆららは、病人がその傷病のために苦しみ出したのだと思った。しかしながら、それは完全に事実と異なる観測だった。実は、身体を動かしたことによる衝撃によって、オムツの生地が局所に食い込んだ結果、胎内の中に埋め込まれた異物が、さらに奥へと潜っていったのである。
 官能と苦痛は表情が酷似しているという。
 だから、ゆららは由加里が苦しんでいるとカンチガイしたのである。
「ウウ・ウ・・ウウ・ウ・・うう」
 今更ながら、由加里は自分が手枷足枷を嵌められた上に、鋼鉄の鎖で繋がれていることに気づいた。自分は、単なる可南子と病院の奴隷にすぎないのだ。だが、ゆららを見た瞬間に自分の中で、自由人の魂が芽吹いた。
「ダ、大丈夫だよ、ゆららちゃん」
 虫の息の下で、由加里はあることに気づいていた。

――――さっき、私のことを「西宮さん」って呼んだ。やっぱり、わだかまりがあるのね。
「ゆららちゃん!!」
 被虐の奴隷は、残った力を最大限に振り絞った。
 ゆららの手首を摑むと言ったのである。
「わ、私、ゆららちゃんが思うような女の子じゃないよ!」




テーマ:官能小説 - ジャンル:アダルト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。