FC2ブログ
いじめ文学専用サイト
主人公はu15の少女たち。 主な内容はいじめ文学。このサイトはアダルトコンテンツを含みます。18歳以下はただちに退去してください。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『由加里 90』


 テーブルの上に五線譜を取り出して、いや、投げ出すように置くとやや殴り書きするように、オタマジャクシを並べていったのである。
「ふふ」
 思わず微笑が零れる。まるでビデオテープを再生したかのような目の前の出来事に、照美は心が溶かされるのを感じた。あの由加里と酷似しているのに、どうして、この人には憎しみを抱かないのか、その理由はわからない。
 しかし、冴子に好意を抱いている自分に気付いたことは確かである。自我への新たな闖入者をどう扱ったらいいのか、青春の途上にいる少女にはわからないことばかりだが、プライドが高い彼女は、そんな自分じしんを認めたくなかった。
 ロックバンドのヴォーカル。
 現在の音楽シーンにたいして興味を持たない自分だが、その言葉が持つ神話性には覚えがある。
 
 何故かわからないが、この時間が永遠に続けばいいと思った。不朽のものなぞこの世に存在しないことはわかってはいるが、このまま、新しい人間関係に深入りせず、と言って遠ざかりもせずに、曖昧な関係のままで過ごしていたいと、絶世の美少女は考えた。

 
 その頃、精神的にも肉体的にも姉を奪われた由加里は、手足をもがれた牛のような思いでベッドの中にいた。絶えず少女を苛むのは下半身から響く性的な刺激だけではない。それに加えて精神的な苦痛をも倍加されて少女のか弱い精神を侵食していくのだった。それらに煩悶しながら、頭までシーツを被って泣き続ける。
「ウ・ウ・ウウウウ・・・・ウウ」
 誰にも知られたくない。こんな姿を見られたら、それが誰でもすぐに舌をかみ切るつもりにさえなった。
 そんな由加里に声をかけた者がある。
 それは、ある意味、知的な美少女がこの世でもっとも会いたくなかった人間だった。
「姉さん、由加里姉さん!」
・・・・・・郁子?
 小学5年生の妹がこんなところで何をやっているのか。いや、患者の妹ならば病室にいてもおかしくない。いや、何の用でこんなところに来たというのだろうか。
 それはすぐに明かされた。
「ママがねえ、洗濯物とか、持ってきなさいって、それから郁子も用があるんだよ。由加里姉さん、起きてよ!」
「止めて、お姉さん、具合が悪いの!」
 その時、由加里の耳には世にも怖ろしい声が聞こえてきた。いや、声ではない、その内容、つまり言葉が怖ろしいのだ。
「姉さん、オナニーでもしていたの?冴子姉さんに捨てられて、そんな惨めな自分を慰めるためにさ」
「郁子!!」
 おもむろに飛び起きた知的な美少女は、シーツを脱ぐなり妹を怒鳴り飛ばした。
しかし、涙で顔を濡らした郁子が目に入ったとたん、それは自分の哀れな妄想だと気付いた。かき混ぜたコーヒーに溶けるクリームのようなスピードで、罪悪感が脳幹を満たす。
「郁子!」
 今まで聞いた妹の声がすべて幻聴であることを覚ったのである。
 愕然とすべき事実を知って、由加里も黒目がちな瞳に涙を溜め込んでいた。思えば、この妹は、いや、家族は自分を人間扱いしてくれる数少ない人間のはずだった。それをどうしてこんな扱いをしてしまうのだろう。被害妄想に耳を傾け、可愛い妹を否定しまうなどと、とても考えられたことではない。味方の背後から砲弾を放つのも同じことである。
「郁子!ご、ごめん・・・う」
 その時、姉は苦しそうに呻いたが、郁子はそれに気付かない。彼女も溢れる感情に意思を支配されていたからである。
「姉さん、由加里姉さんも、郁子を嫌いなんだね?!」
「も?何を言っているの?ぁぁぅ・・い、郁子?」
 実は、姉の下半身が官能の疼きを感じたのだが、その秘密を知らない郁子には察しようがない。自分を軽んじている故での行為としか思えない。
「姉さんも、冴子姉さんも、ママも、郁子をのけ者にして!みんな嫌いよ!」
「郁子!?」
 洗濯物等、持ってきたものをすべて床にぶちまけて、妹は病室から飛び出していった。いくら退院が近いとはいえつながったばかりの足では、彼女を追うことは不可能である。
・・・・・・一体、彼女は何を言っているのだろうか。
 今まで、彼女の口から聞いたことがない言葉の羅列に、知的な美少女は真冬の次に真夏が来たような感じを味わっていた。急激な気温の変化に体がついて行けない。同じように、妹の変容に心がついて行けないのである。
何という大人びた言いようか、あんなことを考える子だったとは・・・・・。

 何か、彼女にとって許容すべきでない自体が起こったにちがいない。きっと、それが妹に少なからず影響を与えたのだろう。
 そんな風に冷静に分析しながら、全身はいやらしい汗にまみれていた。そして、彼女の股間は猥褻な液体に沈んでいる。既に少女の膣は、もしもその部位が意思を持っていたらのことだが、窒息する思いを味わっている。
「ぁぁぁぃぅ・・・・・・」
 良かった、妹にこれがばれなくて・・・・・・。
 一方では、こんなことも考えている。可愛い妹が危機にあるというのに、姉としての責任から希望しなくても逃れたことに、安堵を覚えている。そんな自分がいやになった。クラスメートのいじめられるのが当たり前と思わなくても、友だちがいないことは当然のように思える。
 大人になりはじめて、そんな自分の嫌な部分を発見したにちがいない。きっと、それが理由でみんな照美や高田 あみるたちに同調したにちがいない。
 圧倒的な自己嫌悪に脳幹を浸していたので、由加里は自分の右手が制御を失ったことに気付かなかった。
「ああアァアウ・・・、あ、私ったら・・・・いや!か、海崎さん、ゆ、許してエェッェェ・・・・あああ・・・ぁ」
 シーツに、白い、そう清潔な白い布に下半身を隠されているために、いや、護られていることをいいことに、知的な美少女は自分の性器を慰めていたのである。
 
 少女が昇華すべき諸問題は、彼女がいかに優れていようとも、あまりに多大で解決すべからざる内容に満ちていた。その唯一の方法は、官能に逃げることだけだったのだ。
 近い未来にそれに気付いた本人は、潔癖性ゆえにさらなる自己嫌悪の深海に沈み込んでいくだけだが、麻薬患者がいっときの快を求めるために殺人さえ犯すように、魔性の白い花に自らの指を食い込ませる。すると、中からいやらしい蜜が湧き出てくる。
 それも宿敵としか言いようがない照美にいじめられて、無理矢理にオナニーをさせられている様子を思い浮かべているのだ。
 あまりも惨めだった。
 自分はあの人非人にいじめられることを欲しているのか。いや、違うだろう。自分は欲する人間と人間的なつながりを持つことを待っているのだ。それが高田でなくて、照美である所以。なんと、あの冷たい笑いを湛える悪魔を好きになっているのだ。
 そればかりか、この後、看護婦に自分の汚らしい身体を拭かれている自分を思い浮かべている場面を想像しながら、右手を、いや、右手ばかりか左手をも動かしていた。右指でクリトリスを摘みながら、左手で膣の内奥を弄り回す。これが少女のオナニー方法である。

「あら、このインラン少女、また、我慢できなかったのね、大腿までいやらしいクサイ臭いがするわよ!」
 そんな声が聞こえるのだ。じっさいに、すべてが終わった後に、「若いっていいわね、おさかんね」とある看護婦に囁かれたのだ。彼女は部屋を退去する前に、自分の指を嗅いでわざとらしく顔を顰めると、神経質なまでに手を洗い続けたのである。水が手洗い場の外に幾つも飛び跳ねていた。それも彼女なりの嫌みの演出だったのだろう。
 由加里は顔が燃える思いを味わったものだ。
 それを思い出して、いや、脚色を施して舞台の中に自分を放り込んだのだ。これには、鋳崎はるかによる教育が効いているのかもしれない。もっとも、そもそも、創作の才能が少女の中に潜在していて、それを刺激したおかげで発芽したということもありうる。しかし、プロアスリートの卵はその尻を押したことは事実である。なお、彼女をも、由加里は自作自演の劇に登場させた。

「は、はるかさん、ぶたないで!ちゃ、ちゃんと、お、オナニーしますからァァアァアア・ア・アあああ、に、西宮、ゆ、由加里は、変態でインランで、ソ・・・そんな姿を・アア・・ア、人に見られるのが好きです・・・・ぁあぁぁぁ・・・・ぅぁうおあう、きもちいい・・・あぃううぅ・・うぅっぅ!」
 その瞬間、腰をその名の通りにエビぞりにして、ようやく絶頂を迎えた。
シーツが完全な惨めさとともにまとわりついてくる。滲み出てくる自らの汗のせいか、塩くさい臭いが自分から漂っているのがわかる。全身が愛液にまみれているような気がした。
 少女が我に帰って、自分のプライドが音を立てて崩れたことに気付くには、まだ、時間が必要だろう。まだ、知的な美少女は太古の海に微睡みながら転がっている。

 姉たる由加里が猥褻な遊びに耽っている間、妹は泣きながら携帯の液晶に見入っていた。病院の大広間たる待合所である。例によって老人たちが屯する、いわば、老人ホームと化しているから、小学生である少女が保護者の同席もなしにひとりいるのは、周囲に大変違和感を与える。しかし、当の郁子はそんなことを全くお構いなしに、ちょこんと、彼女の表情と関係なく、まるで絵画の主人公のように堂々としているのだった。
 因みに、待合い所は病院の喫茶から丸見えである。
 照美と冴子が談笑していた。
「あら、郁子?」
「知り合いですか?」
「妹よ、下の。きっと、由加里の用できたのか・・・・」
 照美は、切れ長の瞳が何を見ているのか気になった。
 ふり返ると、確かに少女はそこにいた。だが、ふたりに全く似ていないことから、他にいるかもしれないと、身体を椅子の外にせり出してみた。しかし、誰もいない。すると、あの少女が由加里の妹なのか。
「あそこにいる小学生ですか?」
「そうよ、西宮家の末っ子・・」
「私は一人っ子だから、そういう感覚、正直わからないんです。羨ましいですね」
「そうかな・・・・・」
 何故、冴子が複雑な表情をしたのか、当時の照美には想像ができなかった。だが、敏感な彼女のこと察しはついた。西宮の家には何やら複雑な迷路が入り組んでいること。照美の慧眼が見たものはそれだけである。
 冴子は妹が気になったのか、急に話へとの集中を解いた。
「とりあえず、永いスパンで考えてほしい」
「だけど、医学部って忙しいんじゃないですか?」
 
 女子大生の鋭い目は妹を追っている。
「医学部か、飽きてきたな。由加里にでも任すかな・・・・」
 先ほどにはない投げやりな物言いである。だが、冴子は照美への観察をけっして怠っていたわけではない。
その証拠に、「由加里」という単語を発したとき、照美の美貌が微かに歪んだことを見逃さなかった。明かに、ふたりの間には何かがある。いじめの加害者と被害者か。元、いじめっ子である冴子はあたかも読心術者のように、 美貌の中学生の心を読み取っていた。
だが、それを知ってなお、この美しい女子中学生を自分のバンドに迎え入れることに疑義を感じていない。冴子の脳内会議は、あきらかに推進派の勝利に終わったのである。反対派は会議に参加することすら許されなかった。
一方、美貌の女子中学生の意識は、由加里の妹から五線譜に戻っていた。言うまでもなく、冴子が並べていたオタマジャクシの紙である。
 書き終わったと思うと、作曲者の手から奪い取った。
「へえ、音符が読めるのか?」
「読めますよ、私を誰の娘だと・・・え?これ・・・・・すごい!」
 思わず感嘆の声を、美貌の女子中学生は上げるのを見て、冴子はほくそ笑んだものである。
 女子医大生は、その笑いに含むところがあったが、それを明かにしなかった。まだその時期ではないと踏んでいるのだ。
・・・・・・焦ることはない、今のところは。
 今、照美は五線譜に見入っている。冴子は、照美が断ったにもかかわらず、支払い明細に1500円を置いて出て行った。
「後で、感想をちょうだいね」という言葉を残すのを忘れなかった。

 自分も帰ろうと席を立ったところ、面白いものが美少女の視界に混ざり込んだ。
「由加里の妹、確か、郁子ちゃんだっけ?」
 冴子は、はたして、末の妹を連れて帰らなかったようだ。
「・・・・・・・・・・・ふふ」
 モナリザの微笑を浮かべる照美。その表情からは、この世でもっとも憎い人間の係累に対する悪意や敵意は発見できなかった。
 
スポンサーサイト
[PR]

テーマ:官能小説 - ジャンル:アダルト

『由加里 89』



「西宮さん、もう少し、足を踏み込んで下さい」
「ハァ・・・ハ・・あ・・・・あ」
 両者の応酬はプロアスリートとコーチとの関係を彷彿とさせる。
 柔らかいというよりは、季節通りにけっこう強い日差しが入るなか、由加里はリハビリに励んでいる。平均棒のようなバーに両手を添えてよちよちと両足を交互に揺らす。
 腕の骨折はすでに治癒しているので問題はないのだが、まだ痛みが残っているために微妙に両肩の角度が歪んでいる。それがやけに痛々しい。
 しかし、それだけが由加里に息を乱させる原因ではない。実は、この瞬間をも、可南子の企みによって性器に挿入された異物が底意地悪く少女を攻め続けるのだ。股間を丸く覆ったおむつが生じさせる圧力は、少女が感じる羞恥心を倍加させている。
 知的な美少女は訓練士のものではない誰かの視線を感じると、ぷるぷると震えた。
「ハァ・・あ・・はあ・・」
「少し、休みましょうか」
 見かねた訓練士は休みを提案することにした。
 だが、厳しいリハビリよりも怖ろしい鬼が近づいてきたことに、少女は気づいていた。
「いえ、もうすこし・・うう」
「やりすぎはだめですよ、それにお友達も来てくれたことですし」
 若い訓練士は心にもないことを言った。少女の性器に加えられたいじめを知らない彼は、彼女を不甲斐ない、そして耐えることを知らない今時の子供だと軽んじているのである。
だが、既に彼女の股間と気力は限界を超えていた。

「由加里ちゃん・・・がんばっているのね、その様子なら、もうじき学校に来れそうね」
 見慣れた美貌が少女を見下ろしている。いや、照美の美しさはたとえ家族であっても飽きることはないだろう。由加里はそう思った。
「か、海崎さん」
「西宮さん、ベンチで話したらどうですか?」
「そうですね、友人がお世話になっております・・・・」
 絶世の美少女の意識に、このヤサ男はいない。だが、表だけの挨拶はしておくことにする。彼が姿を消しても、 しかし、照美は本性を顕わにはしない。それが被虐のヒロインに、底抜けの恐怖を感じさせた。
「ほら、由加里ちゃん、捕まって」
「ァ・・あう」
 由加里に肩をつかませると、ベンチへと誘っていく。
「か、海崎さん・・・アア・・」
 だが、ベンチが近づくにつれて、しだいに本性らしきものを顕わにしはじめた。
「リハビリにご執心のようね、だけど、いじめられるためにやってるなんて、やっぱり、西宮は本当にマゾの変態なのね、いじめられるのが気持ちいいのよ、変態!」
「ウウ・ウウ、い、痛い!!」
 乱暴にベンチに投げ出された由加里は呻いた。しかし、それは足の骨折のためではない。股間に官能の刺激が起こったのである。それを押し隠すために、なけなしの勇気を振り絞ることにした。あえて、照美に向かって言い放つ。
「か、海崎さん!わ、わた、私は、もう、が、学校に行くつもりは、あ、ありません!!」
「あら・・・ふふ」
 照美も座る。視線が同じ位置になる。
 ここで気づいたことがある。鋳崎はるかがいないのだ。一見、照美よりも野生児めいた彼女は怖いように思える。しかし、ある面においては、親友の行きすぎた行為をやんわりと押さえる役割を果たしているような気がしていた。そんなはるかがいないとなると・・・・。  
 知的な美少女はそら怖ろしい気がした。
「か、海崎さん・・・ウウ」
「何を泣いているのよ、私たち、親友でしょう?」

 この人は何を言っているのだろうと、訝しげに思った由加里だが、歩み寄ってくる人たちを見付けると合点がいった。
「さ、冴子姉さん・・・・・」
「あら、海崎さん」
 しかし、姉は妹など歯牙にもかけていなかった。少なくとも、妹はそう受け取っている。照美はどう考えていたであろうか。挑戦的な視線で挨拶に代える。
「西宮さんですね、お久し振り」
 話は早いと思った。実はゆららから言づてを受け取っていた。それを確かめに病院に足を運んだのである。そこに意中の人間がやってきた。
 ゆららか仕入れた情報をそのままぶつけてみる。
「医学部の学生って暇なんですね、私も医学部を目指そうかしら」
 冴子の肩にかけられたギターに視線を、ごくさりげなくふり向けながら言う。言の葉、葉脈の一本一本にまで挑戦的な意図が流れ込んでいる。
それを冴子は如実に受け取っていた。何てことだろう、こんな子供に全身の神経が鳥肌が立っている。興奮を抑えながら答える。
「そうね、あなたならそう勉強しなくても入れそう」
・・・・・・・まるで姉妹みたい。
 由加里は並んで語り合う二人を見て自分が阻害されているのを感じると、めらめらと嫉妬の炎が燃え上がるのを感じた。いや、姉妹などと思うことじだい、そんなことを考える自分が許せない。
「さ、冴子姉さん・・・・さ」
「ちょうど良かったわ、あなたに話があるの」
 知的な美少女は悔しかった。自分がクラスでいじめられていることは、既に知っている。それなのに、自分とクラスメートである照美に親しげに話すのか。
 彼女がいじめの主犯だということは告げていないが、そのことだけはそれとなく告げてある。そうなら、そんな優しい目ができるはずがない。さいきん、自分にだって向けられたことなんてないのに、ひどい!
 知的な美少女は幼児にように腹を立てた。
 だが、照美が側にいる手前、それを顕わにできない苛立ちをどうしていいのわからずに、涙を浮かべるだけだった。
 しかも、美貌の同級生は女優の才能があるようだ。予想だにしない方法で攻め立ててくる。
「由加里ちゃん、どうしたの痛いの?看護婦さん呼んでこようか?」
「だ、大丈夫・・・・」
 暗く俯いた妹に、姉は冷たかった。
「由加里、あなた、もう病室に戻りなさい。お姉さんは海崎さんに話があるから」
「・・・・・?!」
 (冴子姉なんか嫌い!)と言いたかった。それが涙になって頬を伝っていく。
「由加里ちゃん、行こう」
 半ば強制的に、照美が肩を貸してくる。彼女がまるで刑務所の職員のように思えた。少年院を含めて、少女にはもちろんその経験は無いが、想像での鉄格子の中は少しでも叛意を示せば暴力で躾られるような怖ろしい場所だ。 そこで働いているのが獄吏であり、教室での照美やはるかなのだ。
 目の前に冴子がいるのに、一番の味方の大きな手が自分を守ってくれるはずなのに、美貌の悪魔の好きなようにさせている。
 何故?
「冴子姉さん、なんで、私がいちゃいけないの?」
 それは当然の疑問だった。だが、姉は妹の考えを共有してくれないようである。
「由加里!」
 さすがに冴子の態度には、照美も耳かきに一杯程度の疑問を感じざるを得なかった。彼女が教室における真実を知っていて、それを責めるために自分を呼び出しているのではない。それは、ゆららから聞いた話から真実のようである。
 それならば、何故、妹にこんな冷たい態度を示しているのか、冴子は由加里をなんら宥めることなく車イスに腰掛けさせた。
「押してくれないの?」
「甘えないの、腕は治っているんだから自分で動かせるでしょう?」
 その一言で片づけてしまった。
 すごすごと車輪を手回しする由加里を尻目に、何故か、照美は勝利感を得ることが出来ない。

「さ、病院のカフェテリアに行きましょうか」
 妹に対する態度とは対照的な微笑を自分に向けてくる。その理由がわからないので、尚更怖ろしげに感じる。
「はい」

 だが、その一方、素直に答える自分がいて彼女自身をこんわくさせるのだった。自分はこの状態を楽しんでいるのだろうか。姉妹兄弟がいないとはいえ、よりによって由加里の姉を、しかも鏡に映る虚像のようにそっくりな彼女に親しげな感情を抱くことなどありえるのだろうか。
 だが、怖ろしいことに気づいた。
 ・・・・・・ママにそっくり!?
 髪型が違うのでそれほど気にもとめていなかったが、仕草や表情の造り方をつぶさに観察してみると彼女じしん思いもよらない結論を出していた。
 店員とのやりとりや椅子の座り方など、普段ならば気にもとめないことが参考書の赤い下線部のようにやけに目立ってみえる。
 冴子が注文してくれたコーヒーフロートに口を付けながら、この不思議な女性を見あげる。何だか、時間旅行を果たして若い母親に出会ったような感覚が背筋を這っている。どう話しかけたらいいのかと悩んでいたら、向こうから言葉がかかってきた。

「突然だけど、ヴォーカルとして私たちのロックバンドに加入してほしいんだけど」
「え?」
 あまりに単刀直入な物言いにあぜんとなった。小さな口をあんぐりと開けたままの照美に、冴子はさらに畳み掛けてくる。
「とある理由でヴォーカルがいなくなって困っているのよ」
 この人は一体、何を言っているのだろう。しかし、照美とてただ殴られているだけではない。切り返しをしなければならない。
「とある理由って何ですか?」
「ヴォーカルが少女暴行事件を起こしたの」
 きょとんとした顔で衝撃的な言葉を吐く。照美は相手が由加里でなければ、人が不幸になるのを兵器で見ていられない人間である。いとも簡単にしかも無表情でそんなことを言う冴子に反感を抱いた。
だが、彼女は一方的に話しを続ける。
「そういうわけで白羽の矢を立てたのよ、あなたに」
「どうして、私に?」
 いつの間にか、冴子が描くストーリーラインに乗せられていることに気づいていない。美貌を微かに歪ませた。
 冴子は優しげな微笑に猛禽の爪を隠しながら長言を弄しようとしていた。
「カラオケボックスから聞こえてくるあなたの声を拾った。女性ヴォーカルなんて想定さえしていなかったわ。だけど、あなたの声を賞味したとたんに、そんな考えはあさっての方向に飛んでいった」
「まるで、小説を書いているような物言いですね」
 はるかならこの人と話しが合いそうだなと思った。
「私はあなたの曲も聞いていない・・・・」
「あ、待って!」冴子の大きな手が遮った。筋肉のありようから、鍵盤を弾くんだと根拠のないことを考えた。
「どうしたんですか?」
「曲が浮かんできたの」
 何と、この大人はハンドバッグから五線紙を取り出すと、目の前に照美がいることも構わずに、音符を書き込み始めたのである。
「な」
 何処かで見た光景だと思った。何でもない、それは少女が常に味会わされている迷惑である。根拠が確定したデジャヴューを感じながら、言うべき言葉を完全に失っていた。




テーマ:官能小説 - ジャンル:アダルト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。