FC2ブログ
いじめ文学専用サイト
主人公はu15の少女たち。 主な内容はいじめ文学。このサイトはアダルトコンテンツを含みます。18歳以下はただちに退去してください。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『由加里 93』
  
 
 海崎照美と西宮郁子が病院を後にした、ちょうどその時、由加里は看護婦の毒牙にかかろうとしていた。
 短髪を茶色に染め上げ、肌をも焼いたその姿からは、もしも淡いピンク色のナース服をきていなければとうてい看護婦には見えないだろう。20歳の半ばを優に過ぎているのだが、そのような風体からまだ20歳そこそこ、間違えれば19歳ていどに見られてもおかしくない。
 看護婦は、由加里を見るとほくそ笑んだ。
しかしながら、彼女にそのような趣味が以前からあったわけではない。べつに今でもそのような趣味があるわけではないが、ふと何かの拍子に催してしまったのである。
 かつて、妹の自慰の現場を、彼女が中学のときに押さえたことがあるが、少しばかり悪戯してやったことがあるのだ。
 それから、10年経って同じようなことに巡り会うとは夢にもおもわなかった。患者の少女の華奢な肩がこころなしか震えていた。同性の直感から、彼女が性的な刺激によって悶えていることは簡単に予測できた。
「あら、由加里ちゃん、妊娠でもしたのかな?」
 ちょっと、口が滑ったかもしれない。そこまで言う必要がないとも考えたが、怯えきったあどけない顔をみているうちに、自然と嗜虐心が育ってしまった。
 相手を侮辱しようとわざと赤ちゃん言葉になるのは、彼女にとってみれば上司に当たる似鳥可南子の真似をしているわけではない。
 ただ、由加里にとってみれば、可南子以外の看護婦からもこのような扱いを受けるのは耐え難い恥辱だったにちがいない。
「さあ、看護婦さんに話してみようね、一体、何をちていたのかしら?」
「・・・・・」
 
 知的な美少女は、何も言えず俯くだけだ。看護部は彼女の背後から、その柔らかな頬を伺っているわけだが、自らの顎をそこに滑り込ませようとした。
「いいや、や、やめて!」
「そう、男性看護士を呼んでもいいのよ、男におまんこ観て貰ってもいいのよ、それの方がインラン中学生にはお望みかしら?」
「ウウ・ウウウウ・・ハイ」
 小さく肯くと少女は泣き崩れようとした。しかし、看護婦がそれを許さなかった。
「聞こえるでしょう?静かになさい!」
「ウウ・・・う!?ゥウゥゥ」
 患者が自分の奴隷人形に堕ちたことを知った看護婦は、この際、氏名を告げておく、野上怜夏は少女の正面に自分の身体を移すと、股間を臨もうとした。
野上の吐息が股間に当たる、
「いや!?」
 とたんに両手で股間を押し隠した。しかし、その途端に・・・・・。
ビシ!
 野上の平手打ちが少女の柔らかい頬を打った。加害者はほくそ笑んだ。少女に触れる手の感触に気持ちよさを感じたのだ。普段、介護している老人、因みに彼女は老人看護が専門である、彼らの干からびた肌と違ってもちもちとした若い少女の肉体は、ふれ合いがいがあった。
 ビシ!
 首の骨が折れるのではないかと思うほど、看護婦の平手打ちは激しい。
「ご、ごめんなさい、ゆ、許してください!」
 知的な美少女は自分の顔を護るために、両手を顔に当てた。すると、彼女の両手首を摑むと、ベッドの上に少女の柔らかな身体を押し潰した。
「ごめんなさいだって?だったら、どうして、素直にぶたれないのよ!!」
 さきほどの赤ちゃん言葉と打って変わって、まるで暴走族のレディースの総長のような暴虐ぶりを見せた。
 両手を使って、強弱を自在に使い分けてぽんぽんと、頭やら顔やら胴体やら、あちらこちらを叩き回る。最初に痛くさせて、次に和らげる。二回目がくるまでに少女はそうとう怯えるが、その顔が堪らずに可愛らしい。単純なサディストの本性を顕わにして、子供のように笑いながら少女を小突き回す。
「ご、ごめんなさい!ごめんなさい!もうぶたないで、くださいィウツツ!」
 何処まで行っても自分はいじめられる運命なのか、少女は泣きながら加害者に向かって泣きじゃくるしかなかった。
「謝罪するなら、今の今まで何をしていたのか言いなさい!言うのよ!!」
「うぎぃい?!」
 看護婦の長い指が少女の柔らかな頬に食い込む。可愛らしい知的な顔が捩られた風船のように歪む。夥しい涙が零れる。その様子はあたかも黒い蜘蛛が取り憑いているようだ。
「汚いわねえ、あなたの気持ち悪い体液で指が汚れるじゃない!!」
 パーンという音とともに、快心の一撃が由加里の頭部に炸裂する。
 怜夏からすれば、単に水の入った水筒を叩いているにすぎない、そんな感触が両手を通じて伝わってくる。
 何回も叩いているうちに、掌を掲げただけで激しく怯える。
「何を泣いているのよ、まるでいじめているみたいじゃない!?」
「ウウ・ウ・ウ・ウウウウウ・・うう?!」
 涙でくしゃくしゃになった少女の顔からは、抗議の色が心なしか見て取れる。それが看護婦の気に障ったのだ。
「言うこと聞かないなら、男性看護士の前で、おまんこを顕わにさせるからね」
「ヒ?そ、それだけは」

 知的な美少女は完全に理性を失っていた。そのようなことが可能か不可能か、すこしでも脳細胞を働かせれば答えが出るはずだろう。しかし、被虐に被虐を重ねた結果、少女の精神は激しく傷つき、ちょうど、看護婦が掌を見せただけで激しく怯えるのと同様に、由加里は、看護婦が思うとおりの実に従順な奴隷にされていたのである。
 怜夏は静かに命じた。
「今まで、何をやっていたの?」
 それが性的な意味合いであることは、容易に察することができた。女子中学生は、しかし、自分の口からそれを認めることは憚られた。何と言っても、相手は照美やはるかではなく、あまつさえ似鳥可南子すらないのだ。そんな相手に簡単に認めることは、自分を否定することに等しい。
「そう・・・」
 看護婦はやおら立ち上がると、回れ右をしてドアにむかった。
「あ、ま、まってください・・・・」
 彼女の仕草から、今までの言動から何を言わんとしているのか、如実に伝わってくる。
「い、言います・・・」
「何をしていたの?」
「お、オナニーです・・うううゥゥウ」
 言うなり、溢れる涙は羞恥心の証だった。涙で鬼のような看護婦の顔がぼやけてよく見えない。だが、それは彼女から伝わってくる恐怖をけっして和らげはしない。むしろ、ものが見えないだけ余計な想像力が働き、対象に対する恐怖を倍増させるだけである。
「何だって?あなた、病院でそんなことをしていたの?なんだって?」
「ウウ・・ウウウ・・うう、お、おな・・・オナニーです」
「じゃあ、自分で脱いで見せてごらん、フフ」
「・・・・・・ウウ」

 まるで自分の手が自分のものじゃないように思えた。少女は、パジャマを脱いでいく。因みに、花柄の幼女が好んで着用するような代物だ。母親は服装の趣味が悪いので、西宮家では有名なのである。
 だが、今は、そんな朗らかな記憶に浸っているばあいではない。市井の看護婦にまで自らの性器を晒そうとしているのである。それは町中で全裸にされて、大腿を180度ほど広げられているのと、ほぼ同意である。この看護婦、野上は、由加里にとって町中の見知らぬ人間に等しい。それに故に込み上げてくる羞恥心はひとしおである。
 その上、少女の性器には照美によって挿入させられたゆで卵が、未だに存命中である。照美の所有物にすぎない由加里にとって、彼女が傍にいないときなどない。トイレで用をしているときでも、黒目がちな瞳には照美の悪魔めいた微笑が映り込んでいる。
 だが、看護婦はちがう。どうしてこんな人にまでひどい目にあわされるのだろう。
 そう考えながら、命令通りに大腿を限界にまで広げて自らの性器を顕わにする。
「あれ、若いのに硬いのね、え?中に何か入っているわよ」
「ァアあ・・!?」
 必死に性器の筋肉を操作して、ものが出ないように注意していたはずだ。だが、目敏い看護婦は中に何かが入っていることを察していた。
「あれ?タンポン、それにしてもおかしいわね、これじゃ生理じゃないわよね」
「ウウ・ウ・・ウ・ウうう?!」
「ほら、出しちゃいなさい!何を入れているの!?」
  野上の指が性器に吸い込まれていく。
 「あれ?卵?由加里ちゃん?」
 ゆで卵は、少女じしんのそれこそ体液によってどろどろになっていた。看護婦は意地の悪そうね目で、それをいかにも汚いものを視るような目で観察している。
「こんなものを常に入れていないと、満足できないのね」
「・・・・・!?」
 もはや、何を言っても何の説得力もない。そのことは、被虐の美少女じしんが誰よりも自覚していた。
 知られてしまった!
 もはや、海綿体となりつつある脳の何処かで正常な理性が生きていて、少女に危機を告げる。しかしながら、それに対する方策は全く見付からないため、余計に混乱させるだけだった。
 その時、聞いたことのない着メロが看護婦のナース服から響いてきた。
「あ、仕事か!」
 あまりに軽い対応はかなりのギャップを感じさせる。自分の置かれている状況の深刻さを思えばあまりに違うのだ。遊びの片手間に仕事をしているという感じの、ごく軽いノリを見ていると、自分の価値の低さを否応無しに納得させられる。

「もっと、遊んであげたいけど、お仕事、入っちゃったからまた後でね!」
 あたかも友人にさよならを言うように去っていく。
 残された由加里はシーツを頭から被って泣きじゃくるだけだった。無意識のうちにゆで卵を元に戻したのは、あの美少女に対する恐怖が尋常ではない証拠だろう。気が付くと、喘ぎ声を出していた。
「ぁぁあああぁぅぅぅぅ・・・ウウウう!?」
 いくら再体験しても官能というものは慣れないようだ。ジェットコースターなどと違って、体験するたびに新しい刺激が心身を翻弄する。
 由加里は、意外とその手の乗り物に耐性がある。だが、何度も経験するとしたいに飽きてしまう。性感にはそれがないのだ。
「ウ・ウ・・・・ウウ・、わ、私、本当の、変態なんだ・・・・ウウ・ウ・ウ」
自分の涙に溺れながら、知的な美少女はすぐれた頭脳を自己嫌悪にしか利用できない。それを無駄と判断する理性すら、この女子中学生には残っていなかった。


 
スポンサーサイト
[PR]

テーマ:官能小説 - ジャンル:アダルト

『おしっこ少女 11』


 目を覚ました少女は、まず自分が何処にいるのか探した。
「ウッ・・・・!?」
 蜂に刺されたかのような痛みが股間を突き刺す。中学生は眉を顰めた。それでも、意識の覚醒がうまくいかない。今は、何年、何月、何日なのか、そして、現在の時刻はいつか、すべてが曖昧模糊の海に溺れている。
 しかし、時間が進むにつれて、自分が置かれている状況がはっきりしてくる、現在、過去、そして、想定されうる未来が明かになっていく。
 「あ?!・・・・よかった」
 少女は胸を撫で下ろした。
 彼女の中では、現在は土曜日の夜ということに決定されたからだ。

 そんな少女を晴海は微笑を浮かべながら立っていた。その手にはワインが入ったグラスが握られている。
「ア・・・・?」
 少女を見下ろす。晴海は、弱者に向ける強者の笑いを隠さずに言う。
「今は、日曜日の夜よ、まひるちゃんたら赤ちゃんみたいに寝込んでいたわよ」
「そ、そんな・・・」
 美しい女性の声を聴いたとたんに、少女はおろおろし、自分の携帯を探した。
「あはははは、嘘よ、今日は土曜日よ」
「ウ・・う!?」
 恨めしげに睨む姿も可愛らしい。
 女性捜査官は音も立てずに少女に近づくと自らの左手を彼女の肩に添わす。そのあまりの冷たさに、ドライアイスに触れるような冷たい熱に中学生の女の子は粟をプリンの肌に作る。
 晴海は、優しく微笑むと言った。鏡を見るように促して・・・。
「それよりも、そのネグリゲェはどうかしら?あなたの身体に合わせた特注品なのよ」
「え?ぁ・・・」
 思わず、胸と股間を隠す。

 エナメル種の黒光りを発する生地は、さきほどまで少女を閉じ込めていた悪魔の衣装ではないが、しっとりと少女にまとわりつく。だが、胸と股間の部分は、ナイロンのような光沢があり、かつ、半透明な生地で覆われているだけだ。乳首、性器ともに、少女の局所は哀れにも外部に晒されている。
 晴海は少女の背中に回ると、少女をベッドに押し倒しながら背後からキスをする。
「う・・・うぐ・・・ぅ」
 今の今まで大人の女性が呑んでいたワインのせいだろう。唾液が流れてくると、恍惚とした気分に襲われる。
「ねえ、この胸、もっと大きくなりたい?」
「ぅあ・・はあ・・ぅあ・・あぅ、いや」
 まひるは、芽乳房に毛が生えたていどの胸を揉まれながら喘ぐ。晴海の吐息が冷たいのに、やけに生暖かい。背後から伸びてくる手は少女の乳首を摘んだり抓ったりして心ゆくまで弄ぶ。力の加減によって、少女の口から零れる喘ぎ声や表情が変容していくのを、つぶさに観察しながら、女性捜査官は悦に浸っている。
 しかし、次の瞬間には、自分は何をやっているのかしらと、我に帰り自分の手が行っている行為を第三者的に観察したりする。
 そんな冷めやすい自分に嫌気を感じながらも、少女を所有する行為を続行する。やがて、女子中学生の耳たぶを唇で摘むという暴挙に出た。
「ああありゅるるるる!」
 まるで宇宙人の断末魔のような声を出して、性器を刺激されずにオルガルムスに達してしまった。少女のはち切れそうな大腿に熱いものが流れる。それは血潮のように思えた。このまま出血多量で死んでしまうような気がした。畏れおおい快感のために、意識が混濁する。倫理的にも、そして、少女が生まれながらに持ち得ている自尊心の高さからも、それを丸ごと受け入れることは至難の業だったのである。

「はぁ・・はぁ・・・はぁ」
「ふふ、本当にいやらしい娘ねえ、胸を揉まれるだけでイっちゃうなんて、あれ、イっちゃうって意味がわかるのかしら?意外と遊んでいるのね、同級生の男の子と遊んだりしているのかしら?」
「ぁハア・・・ア・・・・・ぁ」 
 少女は、気だるい安逸の中、まるで天界の住人のうわさ話を聞くような心持ちだった。だがら、その内容がいかに自分を侮辱するものであっても、彼女の感情の海に小波すら立てることはなかった。
 しかしながら、それが家族に関する内容になると、少女の顔色が変わった。
「一体、どういう家庭からこんなインランな女の子が育つのかしら?」
「ち、違う!ゥア・・あ!」
 無意識のうちに動いた身体は自らを官能の渦に貶めた。それは抗議の意思を意味していたが、自らの痴態の前に完全に説得力を失ってしまった。
「何が違うのかしら?」
 女性キャリア警察官は、大腿を濡らす愛液に手を浸すと、少女の鼻に塗り付けた。
「ご自分のいやらしい液はどんな臭いがするのかしら?」
 返す刀で自分の指を整いすぎた造形物である、鼻に近づけるとわざとらしく鼻腔を動かして見せる。
「本当に、すごい臭いね」
「う、嘘です!うぅぅぅ!!」
「まひるちゃん、こんなひどい臭いを嗅ぎ分けられないなんて、相当ひどい蓄膿症じゃないの?いい耳鼻咽頭科の
医者を知っているわよ、紹介しようか?」

 晴海の慧眼に睨みつけられると、少女は思わず目をそらした。
「どうして、逸らすの?自分に自信がないんでしょう?家族にね」
「そ、それはどういうこと!?」
 自分よりもはるかに力が上の人間に敬語を使うことも忘れて、少女は可愛らしい顔をくしゃくしゃにして抗議する。
 顕わされた美少女の感情は、晴海にとって煌めく貴重な宝石に思えた。が、しかし、その美しさに視力を奪われている場合ではない。
「もしかして、家族に愛されていないって思ってない?」
 少女は、華奢な筋肉にありったけの力をこめて殴りかかる。
 けっして、言ってはいけないことを口にしてしまったのである。しかし、そんなことは織り込み済みである。
 すべてを見透かしていたかのように、晴海は身体を動かした。
 涙の珠を中空に散らしながら、襲い掛かってくる少女の鉄拳をいとも簡単に握りつぶす。
「っうううう!?痛い!!」
「我ながら、大人げないわね、キャリアとはいえ、私は柔道の有段者なのよ」
 
 この細い身体からどうしてこんな強靱な力が生まれるのか、少女は不思議でたまらない。そうか、イチローも細いのかと、床に押し付けられるという恥辱の中で、何処か冷静な自分を発見した。
少女は頭を床に押し付けられ片腕を限界まで折られるという、テレビドラマでよく見る犯人のような姿態を強制されている。
「ほら!正座するの!」
「あぎぃ!?痛ぁあ!!」
 ハイヒールで大腿をしたたかに蹴られた美少女は、整った顔を苦痛に歪めた。
涙が頬を通って鼻にかかる。力によって無理矢理に自己の意思を踏みにじられる。被虐のヒロインは、それをまさに味わっている。
「ウグググ・・・・」
「ごめんなさいね、私は軽いから痛くもないでしょ?」
 何と、残酷にも少女を椅子にしてしまった。

「あうううぅう・・・・アクゥゥゥグググィウウゥ・・・・ウウ・・ウ・」
「何をそんなに悲しくて泣いているのかしら?」
 泣き声が小さくなっていくのを聞いて、女性捜査官は少女のこころの危うさを訝った。少女は明かにガラスの心を持っている。これ以上、ぎりぎりと力を入れたらすぐにでも割れてしまいそうだ。だが、その可愛らしい顔が涙に濡れて真っ赤に色づくのを視ると、簡単に鞭を収める気にならないのだった。

 一方、被虐の美少女は、しだいに自分の身体にかかってくる晴海の重量を感じながら、心が粉砕されるのを、そのリアルな音とともに聞いていた。
 春実は、それほど力を入れていないのだが、少女は全身の骨が折れてしまうような恐怖を味わっている。
「ゥゥゥ・・うう・・いぃ、痛いです・・・お、お願い・・うう」
「答えなさい、まひるちゃんはどんな目に遭っているの?」
 言葉で説明しろと、言うのだ。それは同時に、自分の身体に自ら奴隷の烙印を押せと命じているに等しい。何故ならば、言葉をものすということは必然的にその内容を理解せずにはいられないからだ。それ相応の知能を持ち合わせている場合、解釈せずに読むことは不可能である。
「ウウ・・ウウ、うう、ま、まひるは・・」
「ちゃんと、フルネームで言いなさいね」
 腕を捩られた痛みに、少女は苦痛の涙を流した。想像を絶する恐怖は、痛覚を何倍にも敏感にさせているのだ。
「ウググ・・痛いぁあ!・・ぁぁ、さ、さたけ、ま、ま、まひるは、あ、あさぎさんに、座っていただいています・・・うう」
 普段、安藤たち五人から受けている残酷ないじめが、少女をしてそのような言い方を強制せしめたのだろう。
 だが、春実の耳には新鮮に響いた。嗜虐の悦びが、それが例え一瞬であっても、この細身の美女の身体に広がっていったのである。
「じゃあ、まひるちゃんは椅子なのね」
「ウ・・ウ・ウう、は、ハイ・・ウうう」
 少女の中で、自尊心と少女の年齢や性に相応な優しさを求める心が互いにせめぎ合っている。
 女性キャリア捜査官は、少女のそんな内面を外から冷徹に観察しながら、かつ、嗜虐の愉悦にも浸っている。本当に、忙しい女性ではある。
「このまま、ずっと、こうしていようかしら?生の身体は座り心地がいいわね、適度に柔らかいし」
 理性が歪められている少女にとってみれば、晴海の言っていることは真実に聞こえる。果たして、自分は永遠にこのまま固定されてしまうのではないか、そのような恐怖が屈辱的な姿勢をさせられている少女の鼻に侵入して、性器まで貫く。
 耐え難い鼻腔のむず痒さに噎せながら、女子中学生はその小さな身体を張りつめて必死に椅子の役割に徹しようとする。その健気さに愉悦を深めながらも実に奇妙なことだが、この美少女に同情する自分を再発見して苦笑する。実に、人道と道徳律に反することだが、自分はこの哀れな少女を恥ずかしい服を着せ、性的に陵辱した挙げ句、その震える小さな背中に人間椅子よろしく座り込んでいるのだ。
 とうぜんのことながら、彼女を構成している人格の多勢は、少数派の意見などに耳を傾けるはずがない。
「このまま、お外に出ようか?」
「ひ!?」
「ふふ、この世の終わりみたいな顔しちゃって、ふふ、本気よ。このいやらしいおまんこを晒しながら、みんなに見て貰うのよ」
「そ、そんなのって・・・」
「ふふふ、冗談よ。そんなことしたら、警察に通報されるじゃない」
「ウ・ウ・・ウウウウウ・・うう!?」
 冗談が通じないことを分かっていて、少女の口に残酷な言葉をミルクに溶かして流し込んでやった。号泣する少 女の背中に乗りながら、晴海はまったく後悔していないはずだった。


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。