FC2ブログ
いじめ文学専用サイト
主人公はu15の少女たち。 主な内容はいじめ文学。このサイトはアダルトコンテンツを含みます。18歳以下はただちに退去してください。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『マザーエルザの物語・終章~序章』


 マザーエルザという名を知らない者はいないだろう。今、1997年9月5日、彼女の名前に、ふさわしくないくらいに、慎ましい病院で、息を引き取ろうとしていた。
 1910年8月26日に生を受けていらい86年。アギリは、いや、世界はこの女性と時間を共有できたことを神に感謝すべきである。
 世界の誰からも愛され、尊敬された聖女は、今、約束された最後の呼吸をしようとしている。
「ああ、もう息ができないわ」
 そのか細い声は、世界のすべてを貫くほどの衝撃を持っていた。

 「マザー!!」
「あああー!!マザー」
 医師の確認を待つまでもなく、修道女たちは、マザーの御たまが、天に召されたことを知った。目の前に横たわる、人間としてはあまりに、華奢な肉体の中に、マザーはもういない。このことを自己に銘記しなくてはならない、それを自覚するには、よほどの時間が必要だろう。
 今更ながらに、マザーの修行に叶わない自分たちなのだ。そう自覚しても、あまりの悲しみのあまり、理性を失わざるを得なかった。
 
 「ああ、マザー叱ってください!どんなに蔑まれてもかまいません、もういちど、お目を開けてください!」
 その若い修道女は、天に祈った。
マザーの顔は、それは晴れやかな顔だった。神々しいまでに、清らかだった。
 それは、その部屋にいる人間の総意のはずだった。
しかしながら、ある少年、黒人の少年だけは、そうは見ていなかった。
「おばあちゃん、本当に幸せだったの?」

 その言葉は、修道女にとってみれば、涜神ともいうべき恐ろしい言葉だったにちがいない。ただし、その場の誰も、自失のあまり、ちっぽけな子どもの声に耳を傾けなかった。
「おばあちゃん、本当に幸せなの?」
その声は、小さかったが、分子の一つ一つに食い込んでいくだけの力と執拗さを持っていた。
 
 今、陽光はきらめく。この世界の人は、みんなそのきらめきを恨んだ。1997年9月5日という、この日付を誰もが恨んだ。
 しかし、その少年だけは、永遠に、この日付を複雑な気持ちで、思い返すに違いない。

スポンサーサイト
[PR]

テーマ:萌え - ジャンル:アダルト

コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。